暮らしをMERRYにするコラム
DIY
DIY / 2015年5月11日

DIY賃貸の0から1にできるリノベーション

20150511-01

くらしのヒントが見つかるDIY

自分の理想を形にできてしまうDIY。住んでいる家があなたの人生を作ってくれる。

これでさらに、モチベーションや気分があがると最高ですよね。

DIY賃貸の増加

s_593f023e2221ae7ac65063c088ad3d93_l

賃貸に住む場合、退居時には「部屋の現状回復をしなければいけない」というルールがあります。これは結構悩みどころ。ずっと住んでいれば、たとえば壁紙を変えてみたり、キッチン周りを明るくしたいなどの大きな変化とまではいかないけれど、プチ変化をもたらしたくなるのが私たち人間の心理だと思います。

そんなあなたの理想を叶えてくれる、DIY可能賃貸物件最近増えてきました。しかし、実際DIYを始めようとすると、さまざまな問題が出てくるのです。たとえば、「壁に棚を取り付けたい」けど、付ける際に大きな穴をあけてしまうのは抵抗があったり。

そこで、DIYに優しい固定具が売られていることを発見。穴を開けなくても、頑丈に物を支えてくれる優れものです。そのほかにも、簡単に貼ってはがせる壁紙や、雑貨などのデコレーションによく使うマスキングテープ、これの太めのタイプがあります。窓枠に貼ってみたり、壁はもちろん、机や家具などにも貼り付けてみましょう。
「住宅に負担をかけず、お金もかけない。」

これがDIY賃貸住宅における利点ではないでしょうか。

自分好みを「つくり出す」発想へ

s_4ef95cbb1ec569d493e682046748c5c2_l

これまでは、住まいをカスタマイズするというやり方が主流でした。近年は、自分好みに「変える」という発想から、一から自分好みを「つくり出す」発想に転換してきているようです。カスタマイズからDIYへの移り変わりとともに、DIYは一人でやるのではなく、みんなでやる。そんな考え方も注目されるようになりました。

大勢で楽しみながらもDIYを進める。そこには、一人では思いつかなかったアイディアや工夫を生むヒントがたくさん見つかることでしょう。今、仲間と一緒に作る新しいDIYが見直されています。DIYをツールに、コミュニケーションの場を広め、住みやすい住宅を作っていくことが大切です。

みんなで共有すること

s_85fb5c644672081930dbc79e466d3f09_l

実際に「リノベーションパーティ」などが開かれています。仲間と一緒にを塗ってみたり、床板を張り替えてみたり。昼間に作業したら、夕方からはみんなでお酒を飲んで、お疲れさま会。ともにDIYを共有した仲間とだから、お酒が何倍も美味しく感じることでしょう。

一人で1からできることもDIYの魅力の一つですが、みんなで一つのものを作りあげることもDIYの魅力と言えます。特に、若い世代から発信していかなければならないこと、そして、子供からお年寄りまで、それぞれができることがDIYにはあります。

住まいをより良いものにするため、何十年も住み慣れた家を、家族全員でDIYする。1から0にする「リフォーム」から、0から1にできる「リノベーション」をこれからどんどん増やしていくことが、DIYのカギと言えるのではないでしょうか。

BY MERRY HOME

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちはMerryHomeを応援しています
MERRY HOME の売り上げの一部は、NPO法人「MERRY PROJECT」による笑顔の社会貢献活動に役立てられます。