暮らしをMERRYにするコラム
DIY
DIY / 2015年4月8日

DIY女子が流行している4つの理由〜だいじょうぶ・いきおいで・やってみよう〜

20150408-01

DIY女子が流行している4つの理由〜だいじょうぶ・いきおいで・やってみよう〜

DIYが注目されているって本当!?』

みなさんはDIYという言葉をご存知でしょうか?

DIYは「Do It Yourself」の略で、2015年のトレンドワードのひとつです。例えば家のことでいえば、「子どものために椅子を作ってあげよう!」「本棚を夏休みに一緒につくろう」とかありますよね。特にそういった、「住まいや暮らしの環境」をより良いものにするために「自らの手でつくる」というDIYが注目されはじめました。

20150408-02

『DIY流行の理由1:安い』

DIYが流行っている一つの理由として、家具やおもちゃも、買うよりははるかに安い!ということがいえます。材料と設計図を購入し、自分の手でつくるというハンドメイドです。ちなみに 「DIYって、一体なんですか?やっぱりイメージがつきません」という方のために、似たような言葉でいいかえると、俗にいう「日曜大工」です。(余談ですが、実は日曜ではなくなりはじめました。)昔は、日曜大工は男性の役割。そんな時代がありました。でもそれは、とっくに過ぎてしまった過去の話。料理や掃除洗濯、一昔前までが、いわゆる女性の役割だと考えられていたことも、今では男性も家事をする時代になって、仕事の分担は家庭により様々です。そこでその「日曜大工」をも、女性がする時代に突入したのです。なぜなら「安い」から。「安い」に目がないのは、誰でも同じですよね。

20150408-03

『DIY流行の理由2:おもしろい』

二つ目もシンプルな理由ですが、単につくることが「おもしろい」のです。そのおもしろさのおかげで「DIY女子」と呼ばれる人が存在しているほど。そもそも、日曜大工というものは、休日を利用して行う木工作業でした。ですので、旦那さんが日曜日に奥さんに頼まれて、「本棚」や「キッチン収納スペース」を作る、そんなイメージから付けられた言葉です。それがいつの間にやら、奥さん自身が作るおもしろさに魅了され、自分が趣味でDIYをはじめ、それを子どもや旦那さんにプレゼントする「DIY女子」に進化したことで、「日曜大工」という言葉のかわりに「DIY」が生まれてきたのです。

『DIY流行の理由3:勉強になる

そんなDIYですが、女性特有のこだわりを見せる部分、決定的なDIY男子との違い。それは「細かさ」でしょう。女性のものづくりといえば、手芸などですよね。手先の 器用さに加え、お洒落のセンスで「まさかこれが〜〜〜円でできたの!?」という仕上がりにしてしまう。また、凝れば凝るほどに深みがあるDIY。たとえば 親子でDIYをしながら、ものづくりの良さ、ものの仕組み、を工作の勉強と捉える家庭もあるほど。つまりDIYには、勉強になることがたくさん詰まっているのです。

20150408-01

『DIY流行の理由4:いやされる

近年、木材には、木自体の表面を守るために『フィトンチッド』という自然物質が発生していることが判りました。実はそれが木の持つすごい『癒しのパワー』なんです。DIYを通して、木に触れることで、癒されるという人もいます。それが椅子であれば、その目には、見えない温もりを感じながら、くつろぐこともできます。

あなたも木材で、ものづくりを楽しく勉強しながら、家計に優しいDIYに癒されてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちはMerryHomeを応援しています
MERRY HOME の売り上げの一部は、NPO法人「MERRY PROJECT」による笑顔の社会貢献活動に役立てられます。