暮らしをMERRYにするコラム
その他
その他 / 2015年6月29日

正しい深呼吸で得られる3つのメリット

s_78c44177da7e0c21c3c90865abc9d372_m

忙しい毎日でも、気持ちを落ち着かせる時間と場所が、他国と比べると勤勉すぎる私たち日本人にはとくに必要です。焦って失敗したときや、気持ちを落ち着かせる方法として、人は深呼吸を行います。しかし、深呼吸はただ気持ちを落ち着かせるだけのものだと思っていませんか?体にとっても精神面にとっても優しい、3つのメリットをこれからご紹介します。

知ってた?正しい深呼吸の仕方

深呼吸ってただ息を吸って吐くだけじゃないの?そう思っているあなたは正しい深呼吸ができていないかもしれません。まずは深く、ゆっくり。これが深呼吸の大きなポイントです。呼吸は感情と密接に関わってくるものなので、緊張していると呼吸が速くなり、落ち着いた状態のときは、呼吸もゆっくりになります。

では、効果的な深呼吸の仕方です。まずは、大脳にたくさんの酸素を取り入れます。

1.鼻から息を吸う(ゆっくりと肺を大きくします)
2.息を止める(無理しないよう注意を)
3.口から息をはく(最後までゆっくりと)

これを2〜3回繰り返しましょう。その際には、力を抜いて何も考えないで行うと体だけでなく、気持ちも軽くなります。

1.気持ちのきりかえができる

s_9fab06d448f22f3f44d4a1c4f4e1cefd_m

私たち人間は、活発的に動いているときは自立神経のうち、「交感神経」の働きが強くなります。それと逆に、体を休めている状態に高まるのが「副交感神経」の働きです。昼間に活発に動かしていた体から、夜のリラックス状態の体に変えるタイミングとして、深呼吸をすることはとても大切な習慣なのです。

2.肩こり解消

s_a695f1c29fc8ba83734e2d42344f84e6_m

同じ姿勢で長時間いることから肩こりの原因につながります。肩こりは解消するには、肩や全身の力を抜いてあげることです。深呼吸をするときに腕を大きく動かしますよね。これが肩こりを解消してくれる大切な動作になっています。寝る前にストレッチと一緒に行うとよく眠れるようになるでしょう。

3.ダイエット効果

s_288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_m

正しい呼吸法でダイエットにもなります。深呼吸で自律神経の乱れが改善され、食欲を抑えたり、食べ過ぎを予防してくれます。腸も刺激してくれるので、嬉しい便秘解消にもなります。

さらに、深呼吸がもたらす作用はこれだけではありません。高血圧の改善、動脈硬化の予防もするので生活習慣病の予防にもなります。
最近、自身の体に不調を感じている方は、呼吸方法を見直してみましょう。
仕事の合間や休憩中、深呼吸をとりいれる時間を作ってみてはいかがでしょうか?
深呼吸をするということは脳を落ち着かせるということ。脳を落ち着かせることでリラックスができます。リラックスできると気持ちに余裕を持てるようになります。

MERRY HOMEで建てた天然住宅は、住むだけでまるで森林にいるかのようなリラックス効果をもたらせてくれます。しかも、それが持続します。そんな住宅での生活に、プラス深呼吸の習慣をつけてみてください。きっと今よりもっと健康な住宅と家族が生まれることでしょう。

BY MERRY HOME
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちはMerryHomeを応援しています
MERRY HOME の売り上げの一部は、NPO法人「MERRY PROJECT」による笑顔の社会貢献活動に役立てられます。