暮らしをMERRYにするコラム
その他
その他 / 2015年6月15日

コーヒかすの意外な4つの再利用法

s_coffee-316578_640

毎日コーヒーを飲むコーヒー好きの人の中には、ドリップコーヒーにこだわっている人も多いのでは?しかし、飲めば飲むほどコーヒーかすが大量に出てしまう。これをあなたはいつもどうしていますか?もし、そのまま捨ててしまっている人がいたら、それはとてももったいないことです。ドリップして、美味しく飲んだ後は、捨てずにコーヒーかすの再利用方法を考えてみましょう。じつは驚くほどたくさんあります。これを読めば、もう「捨てる」という選択肢があなたの中にはなくなることでしょう。

なかでもとくに、コーヒーの成分を生かした4つの再利用方法をご紹介します。

畑を守る肥料として活躍

栄養満点の肥料として畑に蒔きましょう。しかし、注意しなければならないのは、コーヒーかすには「発芽阻害物質」というものが含まれているため、そのまま蒔くと肥料としての役割を果たすどころか逆効果になります。なので、他の有機肥料と土をしっかり混ぜてから使用します。 混ぜることで発酵させることができ、発酵すると発芽阻害物質はなくなり、立派な肥料になります。  数日おきに混ぜることを心がけましょう。
逆に、発酵させずにそのまま庭などに蒔くと、発芽を阻止する性質から雑草駆除として大活躍します。雑草の手入れにお困りの方に是非試していただきたい。 また、コーヒーの匂いを嫌う虫もいるため、 これにより害虫よけにもなります。

髪も肌も健康に保つ

8c78945adc5eeb434d4658f35cbd1b8c_l

お風呂場での活躍場面が多いことを発見。女性には嬉しいですね。まずは頭を洗うときに使ってみましょう。コーヒーかすを頭皮に揉み込んでマッサージしてあげると、フケを防ぐ効果をもたらします。シャンプーとトリートメントの間に行うとさらに効果的です。
そして、もうひとつはコーヒー風呂。網目が細かいガーゼなど、たとえばいらなくなったタイツやストッキングの中にコーヒーかすを入れておくのもいいかもしれません。これを湯船に置いておけば、肌はすべすべ、香りでより一層、リラックスできること間違いなしです。ただ、一つ気をつけてもらいたいのは、どちらにせよ、色移りについてです。あまり大量に使いすぎないように、最初は様子を見ながら少しずつ使用するようにしましょう。

炭より効果的?脱臭・消臭効果

生ゴミ、タバコ、下駄箱、トイレなど、生活していく上で臭いが気になる箇所って家の中には意外とたくさんあるもの。たとえば、水分を含んだままのものを灰皿に入れておくと、タバコの火消しとして活躍します。乾燥させたコーヒーかすを生ゴミにまいたり、布などに包んで臭いの気になるところに置いておきましょう。

そして意外に厄介な魚の生臭さや灯油の臭い。これが一度手につくと、石鹸で洗ってもなかなか臭いが取れなかったりしますよね。そんな悩みもコーヒーかすを少しつけて洗うことで驚くほどあっというまに消えてしまいます。こうした普通なら捨ててしまうものに秘められた消臭・脱臭効果はとても絶大なのです。もうわざわざ炭を買う必要がなくなります。むしろ活性炭よりも臭いを吸収する力をもっているともいえるでしょう。

磨きをかけたワックスがわりに

s_06315b052f62a17753c5eceb6e6a23e8_l

磨くことにも力を入れた研磨剤としての活躍ぶりも素晴らしいです。靴みがきはもちろん、ほかにも金属を磨くことも可能です。食器を洗うときにも大活躍。なにより消臭効果があるので、食器がいつでも気持ち良く料理のたび使用できることが嬉しいです。

ここまでいろんな活用法があると、もう美味しくコーヒーをいただくだけじゃ満足できなくなりますね。コーヒーかすの再利用で、ますます美しく、健康な毎日を送りましょう。

s_coffee-631768_640

メリーホームは、これからも私たちの暮らしと健康に役立つ情報をお届けしていきます。

BY MERRY HOME
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちはMerryHomeを応援しています
MERRY HOME の売り上げの一部は、NPO法人「MERRY PROJECT」による笑顔の社会貢献活動に役立てられます。